×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

 デンマーク

 Back

 

● ダビドフ・ミニシガリロ

価格に対する満足度: ハバノスのミニシガリロと互角の甘味。それだけにコストが厳しい。

特徴: ハバノスに匹敵する強い甘味。非常にマイルドで上品な口当たり。

サイズ: 直径約7mm 長さ約87mm

味のタイプ: 強い甘味が中心、コクと旨みもあり。じんわりスパイシー。

悪い点: コストパフォーマンスは悪い。

味の好み: ★★★ 普通

コストパフォーマンス:  いまいち

デンマーク製。10本1600円。白の基調としたシンプルなデザインの紙箱入り。ダビドフはドミニカ共和国のブランドとして有名ですが、ノーブル・プティを製造しているデンマークの工場で委託製造しているらしく、箱には「MADE IN DENMARK」の文字が見られます。サイズはノーブル・プティとほぼ同じくらいのようです。ラッパーは黄土色で色のバラつきはあまりみられません。非常に巻きも綺麗で高級感があります。詳細はよくわかりませんが、インドネシアの葉などを使用しているらしいとの事です。

20本入りのダビドフ・ミニシガリロ・シルバー(旧名ダビドフ・ミニシガリロ・ライト)とは恐らくブレンドの違いがあると思いますが、未確認です。

火を付けずに鼻を近づけてみてもそれほど強い臭いはありません。出だしから感じられるのは、ヨーロッパ製とは思えないような、かつハバノスとは微妙に違う、上品でやや乾いた強い甘味と、旨みです。香りはそれほど強くない感じですが、柔らかい感じでまあまあです。

見た目はノーブル・プティに似ていますが、味は全く別で、ハバノスのロメオ・イ・フリエタ・ミニシガリロにも引けをとらない強い甘味があります。ハバノスのミニシガリロと比較すると、こちらのほうが口当たりも柔らかく、雑味も少なく辛さも出にくい感じです。ただ、奥深さや複雑さにおいてはハバノスに軍配が上がる気がします。中盤からはじんわりとしたスパイス感が少し出ます。ほんのごく僅かですがエグ味も感じられます。強さは普通で、燃焼時間も軽く一服という感じです。終始強い甘味が衰える事はありませんでした。後味はすっきりしていますが、若干甘味が残るが気がします。

ヘンリーウィンターマンズ・ファウンダーズブレンド・スモールシガーを凝縮して、旨みや甘味をずっと濃くしたような感じと言っては例えが悪いでしょうか?加湿を行ってみましたが、雑味が無いせいかあまり変化は感じられません。やや輪郭がぼやけるような感じもしますので、加湿はしないほうが良いかも知れません。

確かに非常に雑味も少なく、高級感を感じさせる味ですが、個人的には味わいはキューバ製よりも上、とまでは言えず(そもそもキューバ製とは味の質が別)、これならハバノスのミニシガリロを吸ったほうがコストの面では良い気がします。多少雑味があってもキューバ製の深みや複雑さのある味のほうが好みかも知れません。香りもややぼんやりとしていて、個人的にはまだノーブル・プティの香りのほうが好きです。

 

↑MENU


 

● ノーブル・プティ・スマトラ

価格に対する満足度: 価格相応、スマトラ系では安定した味わい

特徴: 旨みがあり複雑な味わい。渋みはやや強い。香りはかなり良い。

サイズ: 直径約7mm 長さ約87mm

味のタイプ: ドライ、ビター、渋味

悪い点: 雑味が多く、重く、辛口。

味の好み: ★★★★ 良い

コストパフォーマンス: ★★★ 普通

デンマーク製。20本1000円。ラッパーはスマトラ、フィラーはブラジル、ジャワ葉のブレンドとの事。ノーベルプティ、ノーブルプティットなどとも呼ばれます。巻きは整っていて、色のバラつきもあまりみられません。

細身で燃焼時間が早く、軽く一服という感じです。葉巻らしい味を短時間愉しめるもので小さいながらも煙草100%の本格派でしっかりとしたコクと旨みが感じられます。

同シリーズのファインスマトラに比べて、クセが強く、口当たりがやや重い印象です。深さもあり、香りはやや青臭みがありますが、香ばしく爽やかでとても愉しめるものです。味の割りにコストが安いのでお勧めできる製品です。

スマトラ系らしいドライな口当たりですが、加湿すると臭みが抜けてコクと旨みが増します。自分は全て加湿するようにしています。

複雑さのある味わいで、ミニシガリロとしては吸い応えは十分です。ただ、やや渋みや辛味といった雑味が多く、ハバナのような甘味は無く、辛さも若干あります。後味にはナッティーな渋味がかすかに残ります。

気軽に沢山吸えるもので、葉巻らしい味がするものが欲しい人に特にオススメです。缶は付いてきませんが、個人的に同クラスのマニトウ・シガリロや、パンターシルエットより味は好みです。味、コスト共に申し分なく、個人的にはこの価格帯では一番のお気に入りです。

 

↑MENU


● ノーブル・プティ・ファインスマトラ

価格に対する満足度: 価格相応

特徴: 甘みは無いが、旨みがあり複雑で葉巻らしい味。香りも良い。

サイズ: 直径約7mm 長さ約87mm

味のタイプ: ドライ、ややビター、渋味

悪い点: 若干、嫌味が出やすい。

味の好み: ★★★ 普通

コストパフォーマンス: ★★★ 普通

デンマーク製。20本1000円。ラッパーはスマトラ、フィラーはブラジル、ジャワ葉のブレンドで「ノーブル・プティ・スマトラ」と基本的に同等との事、ただ配合バランスの調節で、ノーブル・プティ・スマトラよりもクセをやや抑えた軽快な味わいを出しているようです。巻きは整っていて、色のバラつきもあまりみられません。細身で燃焼時間が早く、軽く一服という感じです。

同シリーズのノーブル・プティ・スマトラに比べて臭みが弱く、口当たりが柔らかい感じですが、若干旨みが弱い気がします。

煙草葉100%で深いコクとかすかな酸味と乾いた甘味があります。味ははっきりとした強さがあり、かすかにクルミのような風味で、葉巻らしい臭さがややあります。喫煙時間が短いので酔う事は無さそうですが、細さのわりに重さはあるようです。木の葉を焼くような良い香りがします。

加湿するとスパイシーさや臭さは抑えられ、ややマイルドになり味わいがグッと増す感じです。

ノーブル・プティ・スマトラと同様、臭みが若干あり、後味が悪い時がたまにありました。雑味も若干目立つ印象です。また、ハバナ系のような甘さは無いので甘口好みの人には向いていないかも知れません。

 

↑MENU


● ノーブル・プティ・ピュアハバナフィラー

価格に対する満足度: 味わいを考えると、なかなかのコストパフォーマンス

特徴: 低価格だが、ハバナらしい味わい。ドライで甘口。

サイズ: 直径約7mm 長さ約87mm

味のタイプ: ドライ、甘口、ややエグ味

悪い点: 特に無し

味の好み: ★★ まあまあ

コストパフォーマンス: ★★★★ 良い

デンマーク製。20本1000円。2009年から新発売。フィラーにハバナ葉を100%使っているそうです。ラッパーはエクアドルのキューバンシード、バインダーにジャワ葉を使用との事、警告シールの下になっているのか、煙草葉100%の文字が見えませんが間違いなく、煙草葉100%です。匂いは僅かな土壌匂がします。巻きは綺麗で整っています。色は茶色。

出だしから、ハバナ系特有の強い甘味を感じます。ノーブルプティ・スマトラのようなやや乾いた味わいです。香りは甘い感じで悪くありません。エグ味がやや感じられます。強さは中間的かも知れません。細身のミニシガリロなので、軽く一服で終わります。

ラ・キャピターナ・ミニと比べると、軽快です。フィラーにハバナ葉を100%使っている為か、かなりハバナらしい味わいです。

100%キューバ葉の高級ハバノスと比べれば、奥深さや濃厚さが足りませんが、十分に甘味があり、コストを考えると納得のいくものでしょう。ハバナ系が好きで、コストを抑えたい人にはお勧めかも知れません。ただ、ハバノスのような純粋なものとはやはり別物です。

加湿すると、ややウェットな口当たりとなり、コクが出るようです。個人的には、加湿後が良い印象です。

個人的には、ドンエステバン・シガリロのほうがいい気もしますが、価格差が相当あるので、比較対照にはなりません。ハバナ系は高くて美味しいものが他に多くあるので、個人的には、ハバナ系とは全く違う味の、ノーブルプティ・スマトラや、ノーブルプティ・ドミニカンのほうが好みかも知れません。

 

↑MENU


● ノーブル・プティ・ドミニカン

価格に対する満足度: 未加湿では、イマイチだったが、加湿後はなかなかの印象。

特徴: 非常にドミニカ系らしさのある味。甘みは無いが、旨み主体の味。

サイズ: 直径約7mm 長さ約87mm

味のタイプ: ドライ、旨み、エグ味 (加湿後は、エグ味が少なくなりマイルドに)

悪い点: 若干、エグ味は目立つ。

味の好み: ★★ まあまあ (加湿後は、★★★ 普通 

コストパフォーマンス: ★★★ 普通

デンマーク製。20本1000円。2009年から新発売。フィラーにドミニカ葉を100%使っているそうです。ラッパーはエクアドルのキューバンシード、バインダーにジャワ葉を使用との事。匂いはわずかな土壌匂。巻きは整っていて綺麗です。色は黄土色。

ピュアハバナフィラーが甘味主体だったのに対して、こちらは旨みが主体のようです。香りは柔らかくて良い感じです。ドライな味わいで、エグ味がやや強く感じられます。細いミニシガリロなので軽く一服で終わります。

加湿すると、エグ味が抑えられて、コクも出てマイルドになり、かなり良い印象です。

グリフィン・グリフィノス辺りと同じ傾向の味という気がします。グリフィンに比べると軽快で、やはり旨みは負けるようです。甘味はほとんど感じられません。

グリフィン・グリフィノス等のドミニカ系の味が好きな人は、低コストで味わえるものとしてお勧めです。個人的には同シリーズのピュアハバナフィラーよりも、こちらが好みです。

 

↑MENU


● チョイス・オリジナル

価格に対する満足度: 着香モノとしてはなかなか愉しめる。たまに欲しくなる味

特徴: ラム酒の香りと、濃厚でしっかりとしたチョコレートの口当たり。ややお菓子っぽい風味だが、バランスは悪くない。

サイズ: 

味のタイプ: コク、チョコレートの着香重視

悪い点: 特になし

味の好み: ★★★ 普通

コストパフォーマンス: ★★★ 普通

デンマーク大手の煙草メーカー、マックバレン社製。30g入り。マックバレン社はパイプ煙草で有名なメーカとのことで、このチョイスシリーズは様々なフレーバーがあるらしいです。紛らわしいですが、「オリジナル・チョイス」という同社の製品もあります。

このチョイス・オリジナルは、バージニアとバーレーのブレンドで、チョコレートとラムの着香との事。鼻を近づけると、チョレートケーキの匂いがします。触った感じはしっとりしていて、かなり細切りの印象です。ピュアヘンプ、フィルタ無しで巻いて、口腔喫煙で味わってみました。

味は着香のイメージそのままで、ねっとりとしたチョコレートを口の中で転がしているような感覚がします。それ意外はしない感じですが・・・。熟成感のある深み・・・とかはあまり無いように思います。

チョコレートフレーバーのコクはしっかりしていて、その味を期待をしていた人は裏切らないでしょう。かつ口当たりはとてもソフトです。吸い終わると、チョコレートを食べた後味が残ります。ややお菓子っぽい味わいと香りが強い印象です。

すぐに飽きてしまいそうな予感がしましたが、クド過ぎず、フレーバーと煙草の味のバランスが絶妙で、そういう事も無く最後まで楽しめそうです。

付属の紙は透明感が無く、一見するとリズラレッド辺りに似ています。使ってみましたが燃え方はスローで、紙の匂いもそれほど気にならないので、使えないことはない気がします。ピュアヘンプが切れた時にでも使用してみようかと思います。

 

↑MENU

 


● チョイス・ダーク・チョコレート

価格に対する満足度: いまひとつ

特徴: チョイス・オリジナルよりもチョコレート感は抑えめ。洋酒の香りは強い。

サイズ: 

味のタイプ: コク、あっさりチョコレートの着香重視

悪い点: 特になし

味の好み: ★★ まあまあ

コストパフォーマンス: ★★ まあまあ

マックバレン社製。30g入り。ビターチョコレートの着香でしょうか? 鼻を当てるとチョコと、洋酒のような香りがします。

甘さを抑えたチョコレートという感じです。お菓子っぽいチョコレート感は、チョイス・オリジナルのほうが強いかも知れません。煙草そのものの味としては、他の着香モノ同様に、クセや特徴が無いものだと思います。後味はチョコレートの風味が残ります。

もうすこしカカオのテイストが効いているのを期待しましたが、チョイス・オリジナルを少しあっさりにしたような印象でした。カカオより、むしろラム酒のような風味の方が際立っているかも知れません。

付属の紙を使ってみましたが、悪くはない感じで、まあまあ使えました。

個人的には、いかにもチョコレートの風味が強い、チョイス・オリジナルのほうが好きかもしれません。

 

↑MENU


● コルツ・グリーンティー

価格に対する満足度: 価格相応

特徴: とにかく軽快で爽やかな喫味。甘味もある。無難でクセは無く、深さや重さはあまり無い。

サイズ: 

味のタイプ: マイルド、ウェット、僅かな甘みと酸味、かすかに緑茶の後味

悪い点: 芳香剤のような香りが独特で好みが分かれそう。

味の好み: ★★ まあまあ 

コストパフォーマンス: ★★★ 普通

デンマーク製。40g入り。パッケージの裏にはスカンジナビアタバコグループの紋章がみられます。テイストシリーズの廃盤に伴い、リニューアルされたのがこのコルツシリーズです。

匂いを嗅いでみると、ライムというか柑橘系の非常に爽やかな香りがします。日本茶という意味では無いようですね。海外の緑茶ってこんな感じなのでしょうか。どちらかといえばむしろ炭酸飲料、悪く言えば芳香剤みたいな匂いです。触った感じはやや乾いていて、やや細切りです。ピュアヘンプ、フィルタ無しで巻いて、口腔喫煙で味わってみました。

うーん、凄く普通? コクと微かな甘味と酸味。無難な感じです。とにかく喫味が軽快ですが、メンソール系とも全く違います。重さとか深さは感じられません。ピリピリした感じは無く、とろんとしたウェットな口当たりですです。香りは新しい畳のような草っぽい香りもし、確かにお茶をイメージさせるものがありますが、それほど強くなく意識しないと感じません。

緑茶を飲んだ後のような後味はします。アマアマなフレーバーではないので、甘いのがダメな人でも大丈夫かも知れません。

さっぱりした味なので、口当たりが重いものの合間に吸うと、爽やかでいいかも知れません。

全体的には無難な印象です。ただ無個性ではなく、かなり個性的であり、人によっては好みも分かれるかもしれません。ライムのようなフレーバーの香りは他に似たようなものを自分は知りません。フレーバーとは別に煙草本来の味わいとしては無難としか言えなくて、個人的にはまあまあという印象に留まります。

見た目はリズラレッドのような外観の付属の紙も試してみましたが、雑味もわずかに感じられたのでピュアヘンプがあるうちは無理してこれを使わないと思います。

 

↑MENU

 


● バリ・シャグ ハーフスワレ

価格に対する満足度: 価格相応

特徴: 極めてスタンダードな感じの無難系。味わいやコクはしっかり。強いクセや刺激は無い。

サイズ: 

味のタイプ: ウェット、甘味、マイルド

悪い点: 特になし。

味の好み: ★★ まあまあ 

コストパフォーマンス: ★★ まあまあ 

デンマーク製。25g入り。パッケージの裏には、シガリロのヘンリーウィンターマンズ等で有名な、スカンジナビアタバコグループの紋章がみられます。ダークケンタッキー、ゴールデンバージニアのブレンドで、伝統的なオランダスタイルの配合であるそうです。

鼻を当てると、漢方薬系の香りに混じって、かつお節のような匂いと、かすかに黒蜜のような香りがします。カットは超極細という感じです。こんなに細かいカットは見たことがないかも知りません。

ファーストインパクトはバージニア系によくある、とろんとしたウェットな甘味です。コクもしっかりとしていて、ピリピリ感は全くなく、極めてマイルドです。イギリス製のゴールデン・ヴァージニアと比べると、強い酸味はあまりありません。コクと味わいは薄くはなくしっかりとしています。深さは普通です。味の傾向としては、オランダ製のドラムが近いかも知れません。

付属の紙を使ってみましたが、使えなくはないという感じです。お気に入りの紙がない時は、使ってもいいかな、と思います。

感想としては、凄く無難? 個性の強いタイプではないようです。古典的なブレンドで、強烈な個性は期待しないほうがいいと思います。

とてもマイルドでありながら、コクや味わいがしっかりしており、万人受けしそうなスタンダードな味わいで、気に入れば常喫銘柄の候補にもなりそうですが、強烈な個性はなく、個人的には、少し甘味の種類が好みから外れ、ゴールデン・ヴァージニアのほうが好みかも知れません。

 

↑MENU


● ブルーリッジ

価格に対する満足度: 価格相応

特徴: 甘味とエグ渋味のみ、他の味はあまりしない。加湿すると、爽やかで強い甘味が良い感じ。

サイズ: 

味のタイプ: 甘味、シブ柿のような微かなエグ味 (加湿後はエグ渋味が薄れる)

悪い点: 特になし。

味の好み: ★★ まあまあ (加湿後は、★★★ 普通 

コストパフォーマンス: ★★ まあまあ 

デンマーク製。25g入り。手巻きとシャグの中間のスモーキング・タバコのカテゴリーのようです。巻紙は付いてきませんでした。

鼻を当てると黒蜜のような熟成感のある匂いがします。糖度の高いヴァージニア葉を主に使用の事。まず未加湿のものをピュアヘンプで両切り、フィルタ無し、口腔喫煙で味わってみました。

口の中に甘味が流れこんできます。口当たりはすっきり軽くて、そして甘い。若干ですが、シブ柿のような独特のエグ味が微かにあります。これまで試してきた銘柄のどれにも似ておらず、なかなか個性的な味のように思います。

ナッティーな感じとか、苦味やスパイス感などはあまり無く、本当に甘味とエグ渋みだけのシンプルな味わいの感想です。後味は柿渋のような感じと若干の苦味が残ります。

未加湿の状態では、エグくてまあまあという感じでしたが、加湿すると、エグ味が気にならなくなり、爽やかで強い甘味があってなかなか美味しく感じました。

25gとちょっとボリュームが少ないのが少し残念ですが、加湿さえできれば、安っぽさが無くなかなか良いと思います。甘味のブレンド用としても使いやすいかも知れません。

 

↑MENU


● クラン・アロマティック

価格に対する満足度: 価格相応

特徴: シンプルで深みのあるコク中心の味。クルミのような味わい。

サイズ: 

味のタイプ: 塩気の効いたコク、クルミのような渋みのナッティーな風味

悪い点: 特になし。

味の好み: ★★ まあまあ 

コストパフォーマンス: ★★★ 普通

40g入り。「Made in Denmark」の文字が見られるので、多分デンマーク製だと思います。オランダ製という紹介もちらほら見られます。廃盤となっていたものが、再販されたらしいです。

オランダ製のスタッド・オートマールスムに似ていて、カットはごんぶと。パッケージには「THE PIPE TOBACCO WITH THE UNIQUE AROMA」の文字も見られる事から、厳密にはパイプ煙草のようです。その為か巻紙は付属していませんでした。

実に多種の葉のブレンドで、バージニア、バーレー、と数種の煙草葉に加えて、ブラックキャベンディッシュ、ラタキアなどをブレンドしているとの事です。

鼻を当てると、正露丸というか漢方薬系の強い匂いがします。フィルタ無し、ピュアヘンプで巻いて口腔喫煙してみました。

未加湿の味はオランダ製のスタッド・オートマールスムに似ていて、ややエグ塩味の効いたジャガイモの皮のような風味です。スタッド・オートマールスムのような苦味は感じられません。ベルギーのフロリーナにも似ていますが、着香っぽい香りはせず、複雑なブレンドの割にはとてもシンプルな味です。

深さのある飽きの来なそうな味で基本的に美味しいと思いますが、個人的には似た傾向のフロリーナの香りが恋しいです。フロリーナの甘い香りが嫌だという人や、スタッド・オートマールスムの苦味がキツイという人にはいいかも知れません。

 

↑MENU